一昨年、夫を胃がんで亡くしました。

がんの告知を受けて3か月後のことでした。茫然自失のまま、通夜・葬儀が過ぎました。遺影写真は、私のいとこがアルバムから選んでくれたのですが、大あわてで選んだこともあり、正直あまりいい写真ではありませんでした。お別れにきてくださった方々のためにも、もっと幸せそうな顔をした写真を選びたかった……。そんな思いがあったので、『夢・ゆめ・写真館』で私の遺影写真を撮ってもらいました。考えた末に、夫の写真を胸に抱いた遺影写真にしました。天国に行っても一緒だよ、という気持ちをこめて……ちょっと変わっていて、いいでしょう?

(埼玉県・O・Mさん)